ABOUT | 庭園旅館 備後屋

ABOUT

備後屋は大正三年から倉敷の玉島港に訪れる人々を料理でもてなしてきました。山の斜面全体は美しい庭園となり、そこに点在する数奇屋造りの部屋はそれぞれに趣が異なります。古いばべの木に囲まれた港を見下ろす風光明媚な場所に建ち、四季折々の自然に寄り添いながらゆっくりと時を経てきました。瀬戸内海の美味しい料理とともに穏やかな時間をお過ごしください。

【離れ屋一棟を貸し切り】
当館の建屋は、玉島港が見渡せる山の斜面を登るように建てられているため、上へ登るほど景色が広がります。美しい石段で繋がれた各建屋はそれぞれ趣が異なり、古き良き日本を偲ばせる凝った造りになっており、日常生活とは異なる隠れ家的な空間を演出しています。

【四季折々の自然美】
窓から見える美しい景色は、四季によって様々な表情を魅せてくれます。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉がお楽しみ頂けます。

【都会の喧騒を離れ、静かにゆったりと】
豊かな自然に囲まれた備後屋には、小さな昆虫や鳥たちなど、様々な生き物が暮らしています。春から夏の終わりごろまでは美しいウグイスのさえずりが疲れた心を癒してくれます。秋には鈴虫やコオロギといった秋の虫達の涼しげな音色がとても気持ちを穏やかにしてくれます。

【心にも美味しい食を提供できる店】
当館の前身は料亭で、現在も料亭旅館として料理には特に気を配っています。季節ごとに変わりゆく旬の食材を用い、料理人の手によって美しく仕上げられた料理は、舌で味わうだけでなく、目でもお楽しみ頂けます。

【100年先も変わらぬ心の風景を合言葉に】
大正 3 年創業の備後屋は、地元の旦那衆ばかりでなく、犬養毅や俳人・吉井勇をはじめとする要人や文人墨客、医師などの名士に「玉島の奥座敷」として重宝されてきました。これから 100 年先も皆様に愛されるよう古いものを大切にしつつ、お客様の視点に立った心温まる接客、快適で清潔感のあるお店作りを目指して参ります。

【もうひとつの倉敷】
倉敷市玉島は、備中の国の中心として栄えた港町。古くは万葉集にも登場する由緒ある場所です。良寛が修行をした円通寺も近く、倉敷観光の中心地(美観地区)から車で約 30 分の場所にあります。賑わいある倉敷市内で観光を楽しんだ後は、この玉島で、ゆったりと流れる時間が旅の疲れを癒すとともに、倉敷市内では決して味わえない「もうひとつの倉敷」をご堪能ください。